標本データベース

恐竜トリケラトプスの一種(頭骨)

トリケラトプスの一種(頭骨)

標本データ

学名
Triceratops sp.
分類
鳥盤目 周飾頭亜目 角竜下目
時代
中生代 後期白亜紀
産地
アメリカ ワイオミング州

関連項目

これはなに?

ティラノサウルスと並んで有名な恐竜です。

概説

トリケラトプスは恐竜時代の最後まで生き残っていた恐竜の一つで、北米の白亜紀末の地層からも化石が豊富に見つかっています。目の上にある2本の角は、成長するにつれて先端が上向きから下向きへと変化していることが知られています。首を覆う大きな襟飾り(フリル)には細長い溝が見られ、ここには血管が通っていたと考えられます。

展示マップ

展示室1階 恐竜の世界 > 恐竜の繁栄 > 鳥盤目


福井県立恐竜博物館
所在地:
〒911-8601
福井県勝山市村岡町寺尾51-11
かつやま恐竜の森内
TEL:
0779-88-0001(代表)
 
0779-88-0892(団体受付)

©2000 - Fukui Prefectural Dinosaur Museum.