標本データベース

恐竜ニッポノサウルス・サハリネンシス

ニッポノサウルス・サハリネンシス

標本データ

学名
Nipponosaurus sachalinensis
分類
鳥盤目 鳥脚亜目 ハドロサウルス科
時代
中生代 後期白亜紀
産地
ロシア サハリン

関連項目

これはなに?

日本人が初めて発見し、研究した恐竜です。

概説

ニッポノサウルスは日本人が初めて発見し、研究した恐竜です。1934年に樺太(現在のロシア連邦サハリン)で発見されました。大腿骨断面の研究の結果から、幼体であることがわかっています。短い腕や棚のような構造が発達する下顎は、近縁種に見られない特徴です。同じ時期のヨーロッパに近縁種がいるため、ランベオサウルス亜科の恐竜は両地域間を移動していた可能性があります。

展示マップ

展示室1階 恐竜の世界 > 恐竜の繁栄 > 鳥盤目

ニッポノサウルス・サハリネンシスの展示場所

福井県立恐竜博物館
所在地:
〒911-8601
福井県勝山市村岡町寺尾51-11
かつやま恐竜の森内
TEL:
0779-88-0001(代表)
 
0779-88-0892(団体受付)

©2000 - Fukui Prefectural Dinosaur Museum.