標本データベース

恐竜シノサウルス・トライアシクス

シノサウルス・トライアシクス

標本データ

学名
Sinosaurus triassicus
分類
竜盤目 獣脚亜目 テタヌラ類
時代
中生代 前期ジュラ紀
産地
中国 雲南省 禄豊県および晋寧県

関連項目

これはなに?

ジュラ紀前期の中国にいた、2つの「とさか」が特徴の恐竜です。

概説

当初、シノサウルスは雲南省禄豊県のジュラ紀前期の地層から産出した断片的な化石を元に、1948年に命名されました。その後、1987年以降に、晋寧県などから、より完全な頭骨や体骨格の化石が見つかりました。これらの追加標本は頭骨の鼻先の上に二本の顕著な稜をもつことから、当初はディロフォサウルスに分類されていましたが、その後の研究でシノサウルスに分類されることが分かりました。

展示マップ

展示室1階 恐竜の世界 > 恐竜の繁栄 > 竜盤目

シノサウルス・トライアシクスの展示場所

福井県立恐竜博物館
所在地:
〒911-8601
福井県勝山市村岡町寺尾51-11
かつやま恐竜の森内
TEL:
0779-88-0001(代表)
 
0779-88-0892(団体受付)

©2000 - Fukui Prefectural Dinosaur Museum.