恐竜・古生物 Q&A

恐竜の色はどのようにして復元するの?

結論を先にいってしまうと、恐竜の色は基本的にわかりません。

では何を根拠に色をつけているかというと、現在の爬虫類はちゅうるいや鳥類を参考にして描く場合が多いようです。皮膚の跡が凹凸おうとつとして残っている場合がありますが、残念ながら色までは残っていません。

昔の恐竜の復元画を見ると、茶色やくすんだ緑の地味な色をしていますが、最近の復元画では鮮やかな色が使われています。こうしてみると、恐竜の色は恐竜という動物の見方に大きく影響されてきたと言えます。20年近く前には、恐竜は体温が気温に左右されやすい変温動物で、図体が大きくて、頭が悪く動きが鈍い動物だと信じられていました。ところが、恐竜は実は哺乳類ほにゅうるいや鳥類のように温血動物(恒温動物)だったのではないかという考えが出されてから、恐竜はみな活発に動き回っていたように描かれています。恐竜の色もそれに合わせるように、カラフルなものが増えてきているように見えます。恐竜と鳥類は非常に近い関係なのではないかという仮説も、恐竜の色をカラフルな鳥類と似せて描く風潮に拍車をかけているように見えます。しかしながら、恐竜の色はあくまでも想像であって、今のところ何もわかってはいません。

植物食恐竜復元模型
肉食恐竜復元模型
関連質問
皮膚の様子が最もよくわかっている恐竜はなに?
(2006/09/07更新)

福井県立恐竜博物館

〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11
かつやま恐竜の森内
TEL : 0779-88-0001 FAX : 0779-88-8700
info@dinosaur.pref.fukui.jp

Copyright 2000 - Fukui Prefectural Dinosaur Museum.