恐竜図鑑

エオラプトル・ルネンシス 竜盤目 獣脚類

エオラプトルの全身骨格
学名
Eoraptor lunensis
概説
エオラプトルは、ほぼ完全な全身骨格が見つかり、1993年に命名されました。長い間、原始的な獣脚類の代表だとされていましたが、肉食恐竜の特徴を持つエオドロマエウスの発見により、上あごの歯の数が下あごより多い、歯のカーブが弱い、鋸歯が大きいことなど、肉食恐竜とは考えにくいエオラプトルの特徴が注目されるようになりました。しかし、分類学的位置については、獣脚類であるかどうかも含めて論争が続いています。

エオラプトルの復元模型
分類
獣脚類
時代
三畳紀後期
体長
1.4m
産地
アルゼンチン サンフアン州
エオラプトルの展示場所
恐竜の世界 > 恐竜の繁栄 > 鳥盤目
エオラプトルの産地 : アルゼンチン サンワン州

福井県立恐竜博物館

〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11
かつやま恐竜の森内
TEL :0779-88-0001(代表)
0779-88-0892(団体受付)
FAX :0779-88-8700
info@dinosaur.pref.fukui.jp

Copyright 2000 - Fukui Prefectural Dinosaur Museum.