恐竜図鑑

クンミンゴサウルス・ウディンゲンシス 竜盤目 竜脚類

クンミンゴサウルスの全身骨格
学名
Kunmingosaurus wudingensis
概説
クンミンゴサウルスは、1954年に発見されました。首は竜脚下目としてはやや短く、竜脚類の中でも原始的な草食恐竜です。その頭骨や下顎は深くできており、スプーン状の歯を持っています。四肢はがっしりとしており、指の先には滑り止めのためと考えられる大きい爪が発達しています。

クンミンゴサウルスの復元模型
分類
竜脚類
時代
ジュラ紀前期
体長
11m
産地
中国 雲南省
クンミンゴサウルスの展示場所
恐竜の世界 > 恐竜の繁栄 > 竜盤目
クンミンゴサウルスの産地 : 中国 雲南省

福井県立恐竜博物館

〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11
かつやま恐竜の森内
TEL :0779-88-0001(代表)
0779-88-0892(団体受付)
FAX :0779-88-8700
info@dinosaur.pref.fukui.jp

Copyright 2000 - Fukui Prefectural Dinosaur Museum.