恐竜・古生物 Q&A

琥珀の中の昆虫から恐竜のDNAを取り出して蘇らせることはできるの?

虫入り琥珀
虫入り琥珀

DNAというのは遺伝情報となる化学物質で、地球上のすべての生物が持っています。当然恐竜もDNAを持っています。しかし、DNAは非常に壊れやすい物質なので、何千万年、何億年という時間が経っても骨の中に保存されているということは極めて考えにくいことです。

では、映画「ジュラシックパーク」のように、恐竜の血を吸ったかもしれない昆虫が琥珀こはくの中に閉じ込められていて、さらにその昆虫の胃から恐竜の血液を取りだせる可能性はあるのでしょうか?その可能性は残念ながら、非常に低いと言わざるを得ません。恐竜の血液が昆虫の胃の中で分解されるのには数分しかかからないため、たとえ昆虫が恐竜の血液を吸った直後に樹液じゅえきに捉えられたとしても、死ぬ前にもがいている間に恐竜のDNAは分解されてしまうことの方が多いでしょう。

もっとも、恐竜ではありませんが、絶滅した動物からDNAを取り出して現代によみがえらせようという計画はあります。マンモス復活プロジェクトがそうです。いまだに成功していませんが、シベリアで氷に閉じ込められているマンモスからDNAを取り出そうと試みているのです。また、ニュージーランドの絶滅した巨鳥モアをダチョウの遺伝子と組み合わせて、雑種モストリッチ(moaostrich)をつくり出そうという計画もあります。

関連質問
「琥珀」はどうやってみつかるの?
(2006/09/07更新)

福井県立恐竜博物館
所在地:
〒911-8601
福井県勝山市村岡町寺尾51-11
かつやま恐竜の森内
TEL:
0779-88-0001(代表)
 
0779-88-0892(団体受付)
MAIL:
info@dinosaur.pref.fukui.jp

Copyright 2000 - Fukui Prefectural Dinosaur Museum.