博物館バーチャルツアー

バーチャルツアー

情報処理室
情報処理室

博物館のネットワークの基幹と各種サーバー用コンピュータが設置されている部屋です。

博物館の仕事も積極的に情報処理技術を使うようになりました。恐竜博物館も同様で、開館準備中から情報システムを企画設計し、日々の研究活動等に役立てています。このシステムを担う実際の機械類が置かれている部屋が情報処理室です。

情報処理室には、恐竜博物館総合情報システムとして6台のサーバー用コンピュータとそれぞれにモニタ、キーボード、非常電源供給装置が備えられています。他に、2.6ギガバイトのDVD-RAMメディアを100枚収納し入れ替えして読み書きすることができるDVD-RAM記憶装置やインターネット接続のためのルータなどがあります。

これらの機械は、高速ネットワークで結ばれることによって互いに連携し、博物館に必要な4つの機能を提供しています。ひとつは博物館業務支援機能で、入館者数統計や団体予約、設備管理を主に行います。次に収蔵品や図書・文献のためのデータベースを提供する収蔵品管理機能。また研究活動支援機能として、地図情報と連携したデータベースの機能や専門的なソフトウェアなどで研究活動や論文・報告書の作成を支援します。また研究活動においての情報検索に加え、館外からの利用者にWebページによる情報提供をインターネットサービスとして行っています。

普段はその存在を意識することはありませんが、恐竜博物館の活動を陰で支えるまさに縁の下の力持ちといえます。

「各種実験室」へ戻ります
「収蔵庫」へと進みます

福井県立恐竜博物館

〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11
かつやま恐竜の森内
TEL : 0779-88-0001 FAX : 0779-88-8700
info@dinosaur.pref.fukui.jp

Copyright 2000 - Fukui Prefectural Dinosaur Museum.