博物館バーチャルツアー

バーチャルツアー

収蔵庫
収蔵庫

収蔵庫には研究にはもちろん、展示にも使うために購入・寄贈・採集などされた標本の数々が収められています。グレーチングにより1階部分と2階部分に分けられています。

収蔵庫1階部分

「博物館」というと、陳列されている展示物ばかりに目を奪われがちですが、これらの展示物は実は博物館の収蔵資料の一部にすぎません。博物館は、資料の展示を行うのと同時に、普及・教育活動や研究活動のため常に様々な資料を収集し、保管・管理を行っています。こういった資料を保管する場所「収蔵庫」は、博物館活動に最も重要な設備で、博物館の裏の顔とも言えるのです。

恐竜博物館には、卵形の展示ホールの付け根から東西にのびる、ウィング棟と呼ばれる建物があります。収蔵庫は、このうち東ウィングの1、2階の大部分を占めていて、保管する標本の性質によって、一般収蔵庫と特別収蔵庫とに分けられています。

一般収蔵庫は、床面積約1,000㎡のスペースを上下に二分した巨大な空間で、作りつけの棚が整然と並び、恐竜の骨化石を始めとする様々な標本が収められています。その一部には、発掘現場で採集した足跡化石など、巨大な標本を保管するための特殊な収納棚もあります。人の手で運ぶことのできない標本は、フォークリフトを使ってこの棚に収められます。さらに、一般収蔵庫には学術論文等に利用した「基準標本」を保管するため、耐震性のキャビネットも設置しています。

特別収蔵庫の内部

特別収蔵庫は約50㎡ほどの小さなスペースです。温度や湿度の変化に敏感な化石や美術品などの保管を行っています。みなさんは博物館のギャラリーをご覧になりましたか?このギャラリーには世界の著名な作家の手による絵や彫刻などを展示していますが、ここに展示予定の作品類が現在この特別収蔵庫に収められています。

「情報処理室」へ戻ります
「ツアー終了」へと進みます

福井県立恐竜博物館

〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11
かつやま恐竜の森内
TEL :0779-88-0001(代表)
0779-88-0892(団体受付)
FAX :0779-88-8700
info@dinosaur.pref.fukui.jp

Copyright 2000 - Fukui Prefectural Dinosaur Museum.