2017年度特別展「恐竜の卵 ~恐竜誕生に秘められた謎~」

展示のご案内

中国をはじめ、世界各地から恐竜の卵や巣の化石が集結!最新の研究をもとに、恐竜誕生に秘められた「謎」に迫ります!

ZONE 1:様々な卵とその研究

Zone01近年、恐竜をはじめとする絶滅動物の卵や巣の研究は急速に進み、様々な種類の卵化石が分類、命名されています。研究者がどのような特徴を手掛かりに卵を研究し、どんな卵が発見されてきたのでしょうか。数々の恐竜の卵化石を中心に、卵化石の研究や、いろいろな動物の卵の違いについて学べる展示です。

主な展示資料
  • 様々な恐竜の卵と巣(実物化石14点)
  • 巣の上で化石になったオヴィラプトロサウルス類(実物化石1点・日本初公開)
  • オヴィラプトロサウルス類の胚(実物化石1点)
  • ナンシュンケリス科のカメの骨格と巣(実物化石4点)
  • ダーウィノプテルスとその卵(実物化石2点)
  • 触れる恐竜の卵(実物化石1点)
Zone01a

ZONE 2: 恐竜の卵と巣の進化

Zone02様々な研究から、恐竜の一部が進化して鳥になったことがわかってきています。実は、恐竜から鳥への進化は、卵や巣にも表れていることが、近年の研究で明らかになりました。このゾーンでは、展示を順に見ていくことで、恐竜が鳥へと進化する過程で、卵や巣がどのように変化していったのかを追うことができます。また、ジュラ紀後期の大型肉食恐竜トルヴォサウルスとその胚や、世界で唯一の大型オヴィラプトロサウルス類の胚ベイビー・ルイ、鳥に最も近縁で卵を温めた恐竜の一種トロオドンなど、恐竜の卵と巣の進化の謎を解き明かすカギとなる貴重な恐竜の化石も展示します。

主な展示資料
  • ボロン(実物全身骨格1点)
  • トルヴォサウルス・タネリ(復元全身骨格1点)
  • トルヴォサウルス・グルネイの成体と胚(複製3点・日本初公開)
  • ベイビー・ルイ(複製1点・日本初公開)
  • 体内に卵を抱えたオヴィラプトロサウルス類(実物化石1点、複製1点・日本初公開)
  • ユロン(実物全身骨格1点・日本初公開)
  • トロオドン(復元全身骨格1点、巣複製1点、生態復元模型1点)

ZONE 3:東アジアの恐竜大営巣地

Zone02恐竜時代の東アジアには、様々な恐竜が巣を作っていました。特に中国南部の浙江省や江西省からは、恐竜の営巣地を復元する手がかりとなる貴重な巣の化石が数多く見つかっています。このゾーンでは、そのような化石をもとに、恐竜時代の東アジアに広がっていた恐竜大営巣地を、CG映像や復元画、ロボットを駆使して臨場感たっぷりに再現します。

主な展示資料
  • 隣り合う2点のハドロサウルス類の巣(実物化石3点)
  • オヴィラプトル(ロボット1点)
  • オヴィラプトロサウルス類の骨格と巣(実物化石3点・日本初公開)
  • 隣り合うオヴィラプトロサウルス類とハドロサウルス類の巣(実物化石1点・日本初公開
  • 巣の上で化石になったオヴィラプトロサウルス類(実物化石1点・日本初公開)
  • 山口県下関市産恐竜卵化石(実物化石1点)