恐竜図鑑

種類からしらべる 名前からしらべる

竜盤目

竜盤目の骨格は、頭骨や四肢などのつくりに原始的な恐竜の特徴を残しており、獣脚亜目と竜脚形亜目(古竜脚下目・竜脚下目)が含まれています。従来、骨盤がトカゲ型の形をしていることが特徴といわれていました。また三畳紀後期のエオラプトルやヘレラサウルスは、獣脚亜目の特徴をそなえています。初期の竜盤目は二足歩行だったようですが、竜脚形亜目のグループは次第に四足歩行となっていきました。

鳥盤目

鳥盤目の恐竜は基本的に草食性で、最初のころは二足歩行でしたが、やがて四足歩行をする種類も現れました。このグループはさまざまな体の形があり、背中に剣板や装甲板をもったものや頭骨に襟飾り状の骨が発達したものもあります。従来、骨盤が鳥型の形をしていることが特徴といわれていました。三畳紀後期には祖先型が出現し、ジュラ紀から白亜紀にかけて繁栄していきました。


福井県立恐竜博物館

〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11
かつやま恐竜の森内
TEL : 0779-88-0001 FAX : 0779-88-8700
info@dinosaur.pref.fukui.jp

Copyright 2000 - Fukui Prefectural Dinosaur Museum.