福井県立恐竜博物館 2004年度特別展
中国大陸の6億年 ―恐竜の里、浙江省の化石たち―
【終了しました。多数のご来場ありがとうございました!】

今年3月に恐竜博物館と姉妹提携した浙江自然博物館。提携を記念し、同館の豊富で多彩な古生物資料を展示します。新種を含む様々な恐竜の実物標本、門外不出だったという翼竜や鳥化石等など、見どころ満載の特別展です。


会期

会期: 2004年7月10日㈯9月26日㈰(7/14㈬、9/8㈬、22㈬は休館)

時間: 午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

会場

福井県立恐竜博物館特別展示室 当館への交通アクセスはこちら

観覧料

区分料金
一般800円(常設展もご覧になれます)
大学・高校生600円(常設展もご覧になれます)
小中学生400円(常設展もご覧になれます)
  • 上記料金にて常設展もご覧いただけます。特別展のみの観覧はできません。
  • 30名様以上の団体には団体割引が適用されます。
  • 未就学の幼児は無料。減免適用対象の方は別料金となります。

特別展について

 中国大陸は長い地球の歴史を記録した大陸で、その豊富な材料が世界中の研究者から注目されています。この中でも浙江省は、近年恐竜の卵や巣の化石が多数発見され、恐竜の骨化石も発掘されるようになった事から、中国大陸の“恐竜の里”として一躍注目を浴びるようになっています。

 本特別展では、福井県立恐竜博物館の姉妹館である、中国浙江自然博物館収蔵品を中心に、“恐竜の里”と呼ばれる浙江省をはじめ、中国国内各地から発掘された数々の化石を展示します。また、日本国内の化石をあわせて展示し、日本と中国の大地の歴史や生物、環境の移り変わりなどについて、特に両者の共通点にスポットを当てて紹介します。

 浙江自然博物館副研究員による恐竜発掘速報の講演や展示ツアーなども予定しています。ぜひ、恐竜博物館に足をお運びください。

特別協力

浙江自然博物館(中国浙江省)

後援

中国大使館文化部、石川、富山、愛知、岐阜、滋賀、三重県各教育委員会、NPO法人福井恐竜博物館後援会