標本データベース

恐竜コシサウルス・カツヤマ

コシサウルス・カツヤマ

標本データ

学名
Koshisaurus katsuyama
分類
鳥盤目 鳥脚亜目 イグアノドン類
時代
中生代 前期白亜紀
産地
福井県勝山市北谷町
地層
手取層群 北谷層

関連項目

これはなに?

2008年の第三次発掘調査で発見されたイグアノドン類です。

概説

2008年8月、同一個体と考えられるイグアノドン類の骨化石5点が発見されました。その化石は上顎骨の特徴などから、新属新種のコシサウルス・カツヤマとして命名され、骨の組織から幼体(子ども)であることが分かりました。この発見によりフクイサウルスとコシサウルスが共存していたことが明らかになり、白亜紀前期当時の福井は、複数種のイグアノドン類が棲む豊かな環境であったことが分かりました。骨の特徴を比べると、体つきが「がっしり」しているフクイサウルスに対して、コシサウルスは「ほっそり」しています。

展示マップ

展示室1階 恐竜の世界 > 手取層群の恐竜 > 福井県の恐竜

コシサウルス・カツヤマの展示場所

福井県立恐竜博物館
所在地:
〒911-8601
福井県勝山市村岡町寺尾51-11
かつやま恐竜の森内
TEL:
0779-88-0001(代表)
 
0779-88-0892(団体受付)

©2000 - Fukui Prefectural Dinosaur Museum.