標本データベース

恐竜フクイティタン・ニッポネンシス

フクイティタン・ニッポネンシス

標本データ

学名
Fukuititan nipponensis
分類
竜盤目 竜脚形亜目 竜脚下目 ティタノサウルス形類
時代
中生代 前期白亜紀
産地
福井県勝山市北谷町
地層
手取層群 北谷層

関連項目

これはなに?

福井県勝山市の発掘現場で見つかった竜脚類です。

概説

2007年夏、第三次発掘調査の準備作業中に発見されました。2010年6月に論文が出版され、日本で最初に学名がつけられた竜脚類となりました。中手骨が長く橈骨の約48%で、坐骨の先端がやや広がっていることなど、他の竜脚類と異なる特徴があります。分類学的位置は発見部位が少ないため明らかではありませんが、原始的なティタノサウルス形類と考えられます。

展示マップ

展示室1階 恐竜の世界 > 手取層群の恐竜 > 福井県の恐竜

フクイティタン・ニッポネンシスの展示場所

福井県立恐竜博物館
所在地:
〒911-8601
福井県勝山市村岡町寺尾51-11
かつやま恐竜の森内
TEL:
0779-88-0001(代表)
 
0779-88-0892(団体受付)

©2000 - Fukui Prefectural Dinosaur Museum.