標本データベース

恐竜コンコラプトル・グラシリス

コンコラプトル・グラシリス

標本データ

学名
Conchoraptor gracilis
分類
竜盤目 獣脚亜目 オビラプトロサウルス類
時代
中生代 後期白亜紀
産地
モンゴル国

関連項目

これはなに?

「貝の略奪者」という意味の名前をもち、鳥に近縁で抱卵していたと考えられている恐竜です。

概説

コンコラプトルは、鳥に近縁で抱卵していたことが知られているオビラプトロサウルス類に属しています。オビラプトロサウルス類は歯のないくちばしやとさかを持ち、ヒクイドリに似た顔つきをしていたと考えられますが、コンコラプトルには例外的にとさかがありませんでした。コンコラプトルという名前は「貝の略奪者」の意味です。これは当初、丈夫な顎で貝殻等を割ったと考えられたからです。しかし、コンコラプトルが何を食べていたのかは、いまだにはっきりと分かっていません。

展示マップ

展示室1階 恐竜の世界 > 恐竜の繁栄 > 竜盤目

コンコラプトル・グラシリスの展示場所

福井県立恐竜博物館
所在地:
〒911-8601
福井県勝山市村岡町寺尾51-11
かつやま恐竜の森内
TEL:
0779-88-0001(代表)
 
0779-88-0892(団体受付)

©2000 - Fukui Prefectural Dinosaur Museum.