標本データベース

恐竜ユーオプロケファルス・ツツス

ユーオプロケファルス・ツツス

標本データ

学名
Euoplocephalus tutus
分類
鳥盤目 装盾亜目 ヨロイ竜下目
時代
中生代 後期白亜紀
産地
アメリカ モンタナ州

関連項目

これはなに?

首から背中、しっぽにかけて骨質の突起があるのが特徴の草食性恐竜です。

概説

ユーオプロケファルスは、中型から大型のアンキロサウルス科で、北アメリカの白亜紀後期の地層から多く見つかっています。後頭部のかどに大きな突起があり、鼻孔は、横に細長く開いています。歯が小さくその形から、柔らかい植物を食べていたと考えられています。体は骨板におおわれ、尾の先端部にはこん棒状の骨があり、身を守るために使われたと考えられています。

展示マップ

展示室1階 恐竜の世界 > 恐竜の繁栄 > 鳥盤目

ユーオプロケファルス・ツツスの展示場所

福井県立恐竜博物館
所在地:
〒911-8601
福井県勝山市村岡町寺尾51-11
かつやま恐竜の森内
TEL:
0779-88-0001(代表)
 
0779-88-0892(団体受付)

©2000 - Fukui Prefectural Dinosaur Museum.