恐竜・古生物 Q&A

恐竜が地球にいたのはいつごろ?

恐竜が地球で暮らしていたのは、主に今から約2億3000万年前~6600万年前です。恐竜は2億3000万年前頃に、爬虫類 はちゅうるい のグループのひとつである主竜類 しゅりゅうるい から現れたと考えられています。以後、進化と多様化を繰り返して繁栄していましたが、6600万年前頃にほとんどすべてが絶滅してしまいました。

ただし、恐竜類というグループの一員である鳥類は現在まで生き残っているので、そういう意味では恐竜は今も地球にいることになります。

地質年代表

地質年代表。下ほど古く、上ほど新しい時代で、左側の表は地球史全体、右側の表は顕生累代(古生代~新生代)を拡大したものです。恐竜が生きていたのは主に2億3000万年前頃(中生代三畳紀)~6600万年前頃(中生代白亜紀)の期間です

(2020/12/22更新)

福井県立恐竜博物館
所在地:
〒911-8601
福井県勝山市村岡町寺尾51-11
かつやま恐竜の森内
TEL:
0779-88-0001(代表)
 
0779-88-0892(団体受付)

©2000 - Fukui Prefectural Dinosaur Museum.