福井県立恐竜博物館の常設展示

恐竜博物館はドーム型の常設展示室をもち、その展示面積は4,500㎡です。広大な無柱空間には、所狭しと恐竜骨格や化石、標本、ジオラマ、復元模型などが展示されており、恐竜をはじめとする地質・古生物の世界を堪能する事ができます。

展示室は「恐竜の世界」「地球の科学」「生命の歴史」の各ゾーンに分けられ、それぞれ見ごたえある特色ある標本、工夫を凝らした展示を見る事ができます。なお、バーチャルツアーでも詳しくご説明しています。各リンク先もご覧になってください。

「恐竜の世界」

恐竜は中生代の間、1億6000万年間にもわたって地上に君臨した生物です。この間、恐竜たちは実に多種多様に進化していきました。恐竜は大変興味ある存在でありながら、多くの事がよくわかっていませんでした。

恐竜博物館では、竜盤目・鳥盤目あわせて44体もの全身骨格が展示されており、そのうちの10体は実物の骨格です。「恐竜のくらし・からだ」というコーナーでは、恐竜が卵から生まれてくる様子や食性についてを紹介しています。また、中国四川省の中生代の情景を実物大に再現した巨大ジオラマや対面スクリーンのダイノシアターで、失われた恐竜時代を体感することができます。

「恐竜の世界」ゾーン

日本とアジアの恐竜

福井の恐竜のコーナー

アジアでは初期から絶滅期までの恐竜が産出しており、これだけで分類ができるほどの豊富な種類が発見されています。近年、新しい種類の恐竜が続々と発見されており、世界の恐竜研究者から熱いまなざしで見つめられています。また、日本でも今や16の道・県から恐竜が発掘され、新たな発見報告が新聞をにぎわせています。

ここでは、福井県から発見された獣脚類のフクイラプトル、鳥脚類のフクイサウルス、そしてニッポノサウルスの骨格を中心に、これまで国内で発見された恐竜化石などを展示し、日本の恐竜時代を明らかにします。また、アジア地域の最新の調査の様子を紹介しています。

「地球の科学」

生命を生み出した地球は、複雑なメカニズムで躍動を続けています。私たちの地球観は古代から現代にまでに大きく変化してきました。地球を理解しようとする研究は、陸域の観察から、深海や地球内部へと研究領域を広げていき、最近では宇宙までもが研究の対象となっています。

このゾーンでは、地球科学の歴史、陸域と海の堆積物、堆積物に埋積された化石、地球を構成する岩石、鉱物や宝石などを、系統的に展示しています。

「地球の科学」ゾーン

「生命の歴史」

46億年におよぶ長い地球の歴史の中で、生命は進化と絶滅を繰り返してきました。化石をはじめさまざまな地球科学の情報から、私たちは地球や生命の歴史について大変多くのことを知ることができます。

このゾーンでは、生命が海に現れ地球の環境を変えていった歴史、脊椎動物の誕生から繁栄の歴史、陸上に進出した脊椎動物と植物の関わりの歴史などを時間の流れにそって展示しています。特に、原寸大のジオラマ展示を通して、生命の歴史の中でも最も重大な事件のひとつである、生物の陸上への進出をわかりやすく紹介しています。

「生命の歴史」ゾーン

福井県立恐竜博物館
所在地:
〒911-8601
福井県勝山市村岡町寺尾51-11
かつやま恐竜の森内
TEL:
0779-88-0001(代表)
 
0779-88-0892(団体受付)
MAIL:
info@dinosaur.pref.fukui.jp

Copyright 2000 - Fukui Prefectural Dinosaur Museum.