恐竜博物館長からのごあいさつ

福井県は、1989年から勝山市北谷で恐竜化石調査事業を実施し、多くの恐竜化石を発見してきました。この成果をもとに「恐竜」を 中心とした国内最大級の地質・古生物学博物館として「福井県立恐竜博物館」を2000年7月14日にオープンし、2014年7月19日には、恐竜化石の発掘現場を間近に感じながら発掘体験ができる全国で初めての施設として「野外恐竜博物館」をオープンしました。現在は年間入館者数が約90万人と福井県を代表する観光文化施設となり、開館以来の累計の入館者数はまもなく1000万人になろうとしています。そして、いよいよ来年2020年には開館20周年という節目の年を迎えます。

この間、研究面では30年にわたって続けてきた恐竜化石発掘調査でフクイラプトル、フクイサウルスなどの5体の新種の恐竜を発見するなど大きな成果を上げるとともに、県外においても他県の研究機関などと共同発掘調査を行い、大型恐竜の歯化石を発見するなどの成果を上げています。また、海外の研究機関との共同調査や研究交流にも取り組み、タイにおいて新種の恐竜を発見するなどアジア地域における恐竜研究の発展や人材の育成にも貢献しています。

さらに、2017年2月9日には、勝山市で発見された5体の新種の恐竜化石とその発掘現場が、恐竜化石としては全国で初めて国の天然記念物に指定され、今後の発掘調査にも弾みがつき、新たな化石の発見も期待されているところです。

今後も、日本、そしてアジア地域の恐竜学研究を推進する拠点として、子どもから大人まで、さらに一般の方から研究者までの幅広い層の皆さまに、研究成果の最新情報をわかりやすくお伝えしていくよう努めてまいります。

どうぞご期待ください。

福井県立恐竜博物館長

福井県立恐竜博物館
所在地:
〒911-8601
福井県勝山市村岡町寺尾51-11
かつやま恐竜の森内
TEL:
0779-88-0001(代表)
 
0779-88-0892(団体受付)
MAIL:
info@dinosaur.pref.fukui.jp

Copyright 2000 - Fukui Prefectural Dinosaur Museum.