恐竜博物館のスタッフ

■特別館長

東 洋一 特別館長 Dr. AZUMA, Yoichi

東特別館長
1949年 広島県生まれ。
特別館長。福井大学教育学部卒業。博士(理学)[東京大学]。
福井県立大学恐竜学研究所所長・放送大学客員教授を兼任。その他、中国地質科学院地質研究所、中国浙江自然博物館、中国自貢恐竜博物館、中国河南省地質博物館の客員研究員など。

北陸一帯に分布する手取層群の恐竜骨格化石や足跡化石の研究を主に進めています。最近は、勝山市で発掘された小型獣脚類の研究をしていますが、中国やタイの恐竜化石研究もあわせて行っています。

ひとこと

研究や学術交流の成果を常設展示や特別展示で広く皆様に公開したいと考えています。

主な研究論文

など多数

主な書籍等

  • 恐竜時代の博物誌(公文出版)
  • 大恐竜時代(小学館)
  • よみがえる恐竜王朝(監訳、小学館)
  • 日本の恐竜(学研)
  • 恐竜の動物学(地人書館)
など

■館長

竹内 利寿 館長 Director TAKEUCHI, toshihisa

竹内館長
1956年 福井県生まれ。
館長。
ひとこと

福井県のオンリーワンブランド「恐竜」を通して、地球、自然環境、生命の尊さ、大切さを体感してください。


■研究グループスタッフ

野田 芳和 副館長 Dr. NODA, Yoshikazu

野田主任研究員
1959年 広島県生まれ。
副館長。東北大学大学院理学研究科(地学専攻)博士課程後期修了。理学博士[東北大学]。
福井県立大学恐竜学研究所客員教授・アジア恐竜協会執行事務局長。

貝化石や貝化石の群集から、当時の古環境や古生物地理の研究をしています。新生代の北太平洋地域の寒冷な貝類の群集の研究や、恐竜時代の淡水生貝化石を研究しています。

ひとこと

たくさんの方に来館していただき大変うれしく思っています。恐竜博物館には身近な化石も多く展示されています。恐竜だけではない、生命と地球の歴史の博物館を堪能していただき、何回も訪れていただけるよう願っています。

主な研究論文


一島 啓人 総括研究員 Dr. ICHISHIMA, Hiroto

一島主任研究員
1965年 北海道生まれ。
総括研究員。ニュージーランド オタゴ大学大学院博士課程修了。Ph.D. [オタゴ大学]。

鯨は進化の過程で生活の場を陸上から水中へ完全に移しました。そのため、陸上生活をしていたころの祖先を彷彿とさせる特徴は一見しただけではほとんどわかりません。けれども注意深く骨を見ると、他の哺乳類と共通する特徴が浮かび上がってきます。鯨類の骨の変化から進化をあとづける作業を行っています。

ひとこと

当館主催のセミナーではその時々のテーマの歴史と最新情報をわかりやすくお伝えします。途中退出・途中入室歓迎です。どうぞ気軽に聞きに来てください。

主な研究論文

主な書籍等

  • 一島啓人.2002.化石が物語る鯨類の進化と多様性ー系統分類, pp.139-165,村山 司・中原史生・森 恭一(編),「イルカ・クジラ学ーイルカとクジラの謎に挑む」,東海大学出版会. 265p.
  • 一島啓人.2008.進化と適応,pp.1-77,村山 司(編),「鯨類学」,東海大学出版会.402p.
  • 一島啓人.2017.鰭脚類,pp.244-247,バイオメカニズム学会(編),「手の百科事典」,朝倉書店.608p.

寺田 和雄 主任研究員 Dr. TERADA, Kazuo

寺田主任研究員
1967年 大阪府生まれ。
主任研究員。金沢大学大学院自然科学研究科生命科学専攻博士課程 単位取得退学。博士(理学)[東北大学]。

専門は古植物学。主に我が国の中生代や第三紀の地層から産出する木材化石を中心に古植物相や古植生の解明を行っています。木材解剖学の視点から現生植物との比較を行い、化石植物の類縁や形態進化などを明らかにしています。現在では国内だけでなく、国際学術調査に参加し、インドネシア・ジャワ島、中国/ロシア国境黒竜江(アムール川)周辺、南米チリ南端などの木材化石の研究や最古の被子植物に関する研究などのを進めています。

ひとこと

木が石になった化石「珪化木」を研究しています。珪化木はどうしてできるの?珪化木の樹種は何?などの質問を持っている方は是非私の普及行事に参加してください。

主な研究論文

主な書籍等


宮田 和周 主任研究員 Dr. MIYATA, Kazunori

宮田研究員
1969年 大阪府生まれ。
主任研究員。熊本大学大学院自然科学研究科博士課程修了。博士(理学)[熊本大学]。福井県立大学恐竜学研究所准教授。

陸生哺乳類化石、とくに日本の新生代最古の化石(始新世:約5000万年前)を専門にしています。その時代の哺乳類化石が見つかる日本の地層は限定されていて、主に九州の西部(長崎、熊本、鹿児島など)で調査・研究を行っています。これまでに見つかった日本の哺乳類は、中国と北米から見つかる種類と類縁関係が深く、それらの外国の種類との系統関係にも注目しています。特に絶滅した大型草食獣である汎歯類や裂歯類はお気に入りの種類です。また、北陸地域からは、さらに古い恐竜時代の哺乳類も見つかるため、それらについても非常に興味を持っています。

ひとこと

どんなご質問でも必ずお答えします。気軽に声をかけていただき、利用していただくことが、私たちの大きな喜びです。

主な研究論文

  • Miyata, K. and T. A. Deméré. 2016. New material of a ‘short-faced’ Trogosus (Mammalia, Tillodontia) from the Delmar Formation (Bridgerian), San Diego County, California, U.S.A. Journal of Vertebrate Paleontology, DOI: 10.1080/02724634.2016.1089878.
  • Miyata, K., Y. Azuma, and M. Shibata. 2015. New mammalian specimens from the Lower Cretaceous Kitadani Formation, Tetori Group, Fukui, Japan. Historical Biology (advance online publication), DOI:10.1080/08912963.2015.1012509
  • Tomida, Y., Nakaya, H., Saegusa, H., Miyata, K., and Fukuchi, A. 2013. Chapter 12 Miocene Land Mammals and Stratigraphy of Japan, In X.-M. Wang, L.J. Flynn, and M. Fortelius eds., Fossil Mammals of Asia: Neogene Biostratigraphy and Chronology, Columbia University Press, New York, pp.314-333.
  • Miyata, K., Tomida, Y., Beard, K. C., Gunnell, G. F., Ugai, H., and Hirose, K. 2011 Eocene mammals from the Akasaki and Nakakoshiki formations, western Kyushu, Japan: preliminary work and correlation with Asian land mammal ages. Vertebrate PalAsiatica, vol. 49, no. 1, p. 53-68.
  • Miyata, K. and Tomida, Y. 2010 Anchitherium (Mammalia, Perissodactyla, Equidae) from the Early Miocene Hiramaki Formation, Gifu Prefecture, Japan, and its implication for the early diversification of Asian Anchitherium. Journal of Paleontology, vol. 84, no. 4, p. 763-773.

主な書籍等

  • 宮田和周.2001.もしかしたら恐竜も見つかるのじゃないか?; pp.108-109,「恐竜学がわかる。」.Aera Mook 66,朝日新聞社 176 p.

柴田 正輝 主任研究員 Dr. SHIBATA, Masateru

柴田正輝
1975年 兵庫県生まれ。
主任研究員。広島大学大学院理学研究科博士過程前期修了。博士(理学)[東北大学]。福井県立大学恐竜学研究所准教授。

専門は古脊椎動物学、特に恐竜類。勝山市の発掘現場から産出した鳥脚類を中心に研究。タイや中国で発見されたイグアノドン類の分類学的研究や、福井の恐竜と同じ時代(前期白亜紀)の東アジアにおける恐竜類の分布やその変遷について研究しています。

ひとこと

福井県立恐竜博物館へ来て、過去の動物の不思議や驚異を感じてませんか?

主な研究論文


関谷 透 研究員 Dr. SEKIYA, Toru

関谷 透
1981年 埼玉県生まれ。
研究員。中国吉林大学研究生院地球科学学部博士課程修了。
四川省自貢恐竜博物館にて研究職員として勤務の後、2013年に着任。

中国の雲南省と四川省のジュラ紀の地層から産出した竜脚形類の記載と分岐分析を行っています。北海道と福井県勝山市、中国各地(雲南省、山西省、河南省、新疆ウイグル自治区、黒竜江省など)、およびタイ国東北部での野外調査と発掘に参加してきました。

ひとこと

恐竜の研究者になるという、幼い頃からの夢が叶って幸せです。最新の成果を、福井県から世界中へ向けて発信できればと考えています。

主な研究論文

主な書籍等

  • 董枝明 著,冨田 幸光 監訳,関谷 透 訳.2013.アジアの恐竜,国書刊行会.340p.

薗田 哲平 研究員 Dr. SONODA, Teppei

薗田 哲平
1984年 京都府生まれ。
研究員。茨城大学大学院理工学研究科博士後期課程修了。博士(理学)[茨城大学]。

専門は化石爬虫類。とくに東~東南アジア地域におけるカメ類(主にスッポン類)について、手取層群を軸足に、系統分類や形態進化に関する研究をしています。また、現生カメ類の骨学や機能形態にも興味をもっています。

ひとこと

恐竜のことをよりよく理解するには、その周りにいた生き物(例えばカメ)についてもよく知ることが大切です。展示や普及行事を通して、恐竜のいた世界を一緒に覗いてみませんか。

主な研究論文


河部 壮一郎 研究員 Dr. KAWABE, Soichiro

河部 壮一郎
1985年 愛媛県生まれ。
研究員。東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。博士(理学)[東京大学]。福井県立大学 恐竜学研究所 准教授。

専門は脊椎動物の比較形態学。特に、鳥類を含む恐竜や哺乳類の脳形態について研究しています。

ひとこと

恐竜など動物の体の形には、様々な機能や意義があります。私たちの研究成果や展示を通じて、その面白さをお伝えできたらと思っています。

主な研究論文

  • Kawabe, S., Tsunekawa, N., Kudo, K., Tirawattanawanich, C., Akishinonomiya, F., Endo, H., 2017. Morphological variation in brain through domestication of fowl. Journal of Anatomy 231 (2): 287–297.
  • Kawabe, S., Matsuda, S., Tsunekawa, N., Endo, H., 2015. Ontogenetic shape change in the chicken brain: implications for paleontology. PLOS ONE 10 (6): e0129939.
  • Kawabe, S., Ando, T., Endo, H., 2014. Enigmatic affinity in the brain morphology between plotopterids and penguins, with comprehensive comparison among water birds. Zoological Journal of the Linnean Society 170 (3): 467–493.
  • Kawabe, S., Shimokawa, T., Miki, H., Matsuda, S., Endo, H., 2013. Variation in avian brain shape: relationship with size and orbital shape. Journal of Anatomy 223 (5): 495–508.
  • Kawabe, S., Shimokawa, T., Miki, H., Okamoto, T., Matsuda, S., Itou, T., Koie, H., Kitagawa, M., Sakai, T., Hosojima, M., Endo, H., 2013. Relationship between brain volume and brain width in mammals and birds. Paleontological Research 17: 282–293.
  • Kawabe, S., Shimokawa, T., Miki, H., Okamoto, T., Matsuda, S., 2009. A simple and accurate method for estimating the brain volume of birds: possible application in paleoneurology. Brain Behavior and Evolution 74 (4): 295–301.

中田 健太郎 研究員 Dr. NAKADA, Kentaro

中田 健太郎
1984年生まれ。静岡県出身。
研究員。新潟大学大学院自然科学研究科博士後期課程修了、博士(理学)[新潟大学]。いわき市アンモナイトセンター研究員などを経て現職。

専門は地質学、古生物学(軟体動物)。主にジュラ紀のアンモナイト(特に富山県、山口県、福井県などから見つかるもの)を対象とし、どのような種類がいてどのような進化を遂げたのかについて研究しています。また、それらのアンモナイトから地層の年代を決めたり当時の海洋環境の変化について明らかにしたりすることにも取り組んでいます。

ひとこと

恐竜やアンモナイトなど、絶滅した生き物たちが秘める多くの「謎」を解き明かすおもしろさ・感動を恐竜博物館でぜひ体験してみてください。

主な研究論文

  • 中田健太郎,2018,いわき市アンモナイトセンター体験発掘場より産出した白亜紀新世のMesopuzosia属大型アンモナイトとその古生物学的意義.いわき市教育文化事業団研究紀要,第15号,1-10.
  • 遠藤大介,中田健太郎,菅田康彦,田淵晋平,2017,地域に埋もれた地学資料の発掘と普及教育への活用実践‐島根県のアンモナイト化石を例に‐.島根県立三瓶自然館研究報告,No. 15,89-98.
  • Handa, N., Nakada, K., Anso, J., Matsuoka, A., 2014, Bathonian/Callovian (Middle Jurassic) ammonite biostratigraphy of the Kaizara Formation of the Tetori Group in central Japan. Newsletters on Stratigraphy, Vol. 47, No. 3, 283-297.
  • Nakada, K., Matsuoka, A., 2012, Early Jurassic fish from the Nishinakayama Formation of the Toyora Group, Yamaguchi Prefecture, southwest Japan. Science reports of Niigata University (Geology), No. 27, p. 1-7.
  • Nakada, K., Matsuoka, A., 2011, International correlation of the Pliensbachian/Toarcian (Lower Jurassic) ammonoid biostratigraphy of the Nishinakayama Formation in the Toyora Group, southwest Japan, Newsletters on Stratigraphy, Vol. 44, no. 2, 89-111.

湯川 弘一 主事 YUKAWA, Hirokazu

湯川 弘一
1986年 大阪府生まれ。
主事。営業推進課兼務。岡山大学大学院自然科学研究科博士後期課程単位取得退学。修士(理学)[岡山大学]。

専門は地質学、古植物学。岡山県や山口県を中心とした中生代三畳紀後期(約2億3000万年前)の地層や植物化石の研究を行っています。当時の植物が、どのような環境で生育していたのかを解明していきたいと思っています。また福井県やタイなどの恐竜が、どのような場所で堆積して化石になったのかという研究も進めています。

ひとこと

オープンした野外恐竜博物館では、恐竜化石が実際に発掘された現場を見ることができます。現場の地層を見て、どんなところから化石が発見されたのかを少しでも実感していただければ幸いです。

主な研究論文

主な書籍等

  • 鈴木茂之,湯川弘一.2012.「成羽の化石ハンドブック」,高梁市成羽美術館.10p.

今井 拓哉 主事 IMAI, Takuya

今井 拓哉
1987年 東京都生まれ。
主事。修士(理学)、モンタナ州立大学大学院地球科学研究科修士課程修了。

専門は古脊椎動物やその卵、また、化石の形成過程(タフォノミー)です。現在は、主に福井県から産出する白亜紀前期の卵殻化石について研究しています。また、福井県勝山市北谷の恐竜発掘現場における、脊椎動物化石の堆積、形成過程に興味を持っています。

ひとこと

恐竜博物館には秘密や驚きがいっぱいです。ぜひ博物館で、知ること、調べることの楽しさを体験してください。

主な研究論文


服部 創紀 主事 Dr. HATTORI, Soki

服部 創紀
1988年 長野県生まれ。
主事。東京大学大学院理学系研究科博士課程満期退学。博士(理学)[東京大学]。岐阜県博物館学芸員を経て現職。

恐竜を中心とした主竜類の比較解剖学が専門です。特に現在は、獣脚類の後肢の形態や機能が、鳥への進化の過程でどのように変わっていったのかに興味を持って研究を進めています。

ひとこと

恐竜はとても興味深い動物で、恐竜を対象とする研究は数多くありますが、今でも分からないことがたくさんあります。私達の発掘や研究によって皆さんが驚くような新事実を発見し、展示などで紹介できるよう頑張って行きたいと思います。

主な研究論文


静谷 あてな 主事 SHIZUYA, Atena

静谷 あてな
1989年 宮城県生まれ。
主事。修士(理学)、東北大学大学院理学研究科修士課程修了。

岩石の中の化学成分を分析して太古の環境などを調べる、地球化学(ジオケミストリー)という分野を専門にしています。特に堆積物中の有機分子から古生物と古環境との変化の復元を試みる研究をしています。

ひとこと

いろいろな視点から恐竜たち古生物の世界の魅力をお伝えできればと思っています。興味のあることはどんどん質問してください。


中山 健太朗 主事 Dr. NAKAYAMA, Kentaro

中山 健太朗
1989年 北海道生まれ。
主事。高知大学大学院総合人間自然科学研究科博士課程修了。博士(理学)[高知大学]。

専門は新生代に生息していた貝類の進化古生態学です。中新世から現在まで、連続的に進化しているキサゴ類の進化に伴う生態の変化(成長・生息場所・分布)を殻の酸素同位体比分析や堆積相解析などから明らかにしていく研究をしています。また、恐竜と同じ時代に生息していた貝類にも非常に興味を持っています。

ひとこと

恐竜博物館で恐竜や貝類を含む軟体動物などの化石を見たり、発掘したりすることで、化石の魅力、太古のロマンを感じていただければ幸いです。

主な研究論文

  • 中山健太朗,山岡勇太,近藤康生,2013.後期白亜紀二枚貝Anthonyaの自生産状と生息姿勢.高知大学学術研究報告,第62巻,33–40.
  • 山岡勇太,近藤康生,高月崇成,中山健太朗,2013.高知県安田町に分布する鮮新統穴内層最下部の亜熱帯的な外浜・陸棚混合化石群.高知大学学術研究報告,第62巻,25–32.
  • 中山健太朗,山岡勇太,高月崇成,近藤康生,2014.高知県の鮮新統穴内層から産出したニシキウズガイ科腹足類Umbonium (Suchium) obsoletum arenarium の酸素同位体比プロファイル.高知大学学術研究報告,第63巻,199–204.
  • Nakayama K., Kondo Y. and Sato T., 2016. Shell growth of Umbonium (Suchium) giganteum (Gastropoda: Trochidae) in Sagami Bay based on oxygen isotope profiles. Venus, 74 (3–4), 71–78.
  • 中山健太朗・近藤康生,2018.現生種腹足類キサゴUmbonium (Suchium) costatumおよび祖先種Umbonium (Suchium) obsoletumの成長・生息場所・分布.化石,103号,37–50.

■営業推進課スタッフ

山口 辰幸 課長 YAMAGUCHI, Tatsuyuki

山口 課長
1964年 福井県生まれ。
営業推進課長。

恐竜博物館の営業の企画・活動推進、誘客促進のためのセールスなどを担当。

ひとこと

「世界三大恐竜博物館」のひとつ、福井県立恐竜博物館に、ぜひいらしてください。


市川 一彦 主任 ICHIKAWA, Kazuhiko

市川 主任
1963年 福井県生まれ。
営業推進課 主任。

イベント業務等担当です。

ひとこと

恐竜エキスポ総務課のいっちゃんです。久しぶりの恐竜関係業務です。夢のある当館への来館を心よりお待ちしております。


松下 准城 主任 MATSUSHITA, Junjo

松下 主任
1971年 福井県生まれ。
営業推進課 主任。甲南大学大学院自然科学研究科修士課程生物学専攻修了。修士(理学)[甲南大学]。高等学校(理科)・中学校(理科)・特別支援学校教員免許所有。

教育普及事業および学校教育との連携、野外恐竜博物館の運営などを担当。

ひとこと

いっしょに恐竜について学びましょう。


千秋 利弘 主任 SENSHU, Toshihiro

千秋主査
1970年 福井県生まれ。
営業推進課 主任。学芸員。岡山理科大学基礎理学科修了。

教育普及事業、広報、ホームページ担当経験を生かして、博物館学的分析を行っています。

ひとこと

「恐竜」は、科学への入り口としてとても面白い素材ではないでしょうか。「恐竜」をきっかけとして、みなさまの学問への扉を開くお手伝いができればと考えています。


矢原 武 YAHARA, Takeru

矢原 武
1978年 大阪府生まれ。
営業推進課 嘱託。岡山理科大学理学部基礎理学科生物地球科学コース修了。

野外恐竜博物館運営補助、教育普及事業補助などを担当。

ひとこと

実際に自分自身の手で発掘作業を行い、太古の生物の痕跡を発見することを夢見た方は沢山いらっしゃるのではないでしょうか?そのような瞬間を共にできることを楽しみにしています。


山村 哲生 YAMAMURA, Tetsuo

山村 哲生
1991年 埼玉県生まれ。
営業推進課 嘱託。富山大学大学院理工学教育部地球科学専攻修士課程修了。

野外恐竜博物館運営補助、教育普及事業補助などを担当。

ひとこと

恐竜や岩石の魅力を実際に体感することができます。知識はもちろん、多くの経験をお持ち帰りいただければと考えております。野外恐竜博物館にもぜひお越しください。心よりお待ちしております。



■利用サービス室スタッフ

中村 博明 室長 NAKAMURA, Hiroaki

中村室長
1962年 福井県生まれ。
利用サービス室長。

来館者サービスや施設の管理に関することを担当。

ひとこと

驚きと発見のある恐竜博物館に、ぜひ、来て見てください。


河合 智絵 主任 KAWAI, Tomoe

河合主任
1969年 福井県生まれ。
利用サービス室 主任。

予算・執行・決算に関することなどを担当。

ひとこと

何度訪れても楽しい施設です。皆様に満足していただけるよう、頑張ります!


山内 かおり 主任 YAMAUCHI, Kaori

山内主任
1971年 福井県生まれ。
利用サービス室 主任。

ひとこと

皆様に気持ち良く楽しんでいただけるよう頑張ります。


高山 泰昌 企画主査 TAKAYAMA, Yasumasa

高山主任
1976年 福井県生まれ。
利用サービス室 企画主査。

施設管理などを担当。

ひとこと

見て、触れて、発掘できる!それが福井『恐竜博物館』です。皆様のご来館をお待ちしています。


土田 昌生 企画主査 TSUCHIDA, Masao

土田 昌生
1982年 福井県生まれ。
利用サービス室 企画主査。

館内外で実施する企画展やイベントなどを担当

ひとこと

来館していただいた方に満足していただけるように頑張ります。



福井県立恐竜博物館

〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11
かつやま恐竜の森内
TEL :0779-88-0001(代表)
0779-88-0892(団体受付)
FAX :0779-88-8700
info@dinosaur.pref.fukui.jp

Copyright 2000 - Fukui Prefectural Dinosaur Museum.