恐竜・古生物 Q&A

コープとマーシュの“化石戦争”ってなに?

恐竜学の発展に貢献した出来事として、「化石戦争」と呼ばれる2人の学者の競争が知られています。一人はオスニエル・チャールズ・マーシュ(1831~1899)、もう一人はエドワード・ドリンカー・コープ(1840~1897)で、二人ともアメリカの学者です。二人ははじめ友人同士でしたが、次第に対立するようになり、北アメリカ西部において、アメリカの新聞に取り上げられるほどの激しい化石発掘競争を繰り広げました。2人が競争を始める前はわずか9種類ほどしか知られていなかった北アメリカの恐竜ですが、数十年の間に2人合わせて120以上の恐竜を命名したといいます。その中にはトリケラトプスやアロサウルス、ステゴサウルス、カマラサウルスなども含まれていました。

オスニエル・チャールズ・マーシュとエドワード・ドリンカー・コープ

オスニエル・チャールズ・マーシュ(Othniel Charles Marsh, 1831-1899、左)とエドワード・ドリンカー・コープ(Edward Drinker Cope, 1840-1897、右)

(2020/12/22更新)

福井県立恐竜博物館
所在地:
〒911-8601
福井県勝山市村岡町寺尾51-11
かつやま恐竜の森内
TEL:
0779-88-0001(代表)
 
0779-88-0892(団体受付)

©2000 - Fukui Prefectural Dinosaur Museum.