恐竜・古生物 Q&A

生まれたときの恐竜はどれくらいの大きさ?

いくつかの種類の恐竜では、ふ化する前またはふ化直後の幼体の化石が見つかっています。例えば、ベイベイロンという大型のオビラプトロサウルス類(全長約 8m)には、ふ化まで一か月以内だったとされる幼体化石(通称ベイビー・ルイ)が発見されています。このベイビー・ルイから、ベイベイロンは全長40cmほどで生まれてきたと考えられています。

また、ラペトサウルスという全長15mほどの竜脚類 りゅうきゃくるい の場合、ふ化直後は体重が3.4kgほど(小型犬と同じくらい)であったことが分かっています。幼体は生後1~3か月ほどで体重が約40kgにまで増えたとされており、短期間で急激に成長したようです。

“カモノハシ竜”のなかまのマイアサウラは、ふ化直後には全長約40cmだったのが、生後1年で全長約1.5mと3倍以上の大きさに成長しました。

こういった成長のようすは、化石の骨に残された成長の痕跡 こんせき から調べられています。

マイアサウラの成長の様子

マイアサウラの成長の様子。左から3週、6週、6か月、3歳、4歳のマイアサウラの大腿骨の化石と頭部の復元模型

(2020/12/22更新)

福井県立恐竜博物館
所在地:
〒911-8601
福井県勝山市村岡町寺尾51-11
かつやま恐竜の森内
TEL:
0779-88-0001(代表)
 
0779-88-0892(団体受付)

©2000 - Fukui Prefectural Dinosaur Museum.