恐竜・古生物 Q&A

恐竜に虫歯はあったの?もし歯が悪くなったらどうしていたの?

恐竜にも虫歯があった可能性は高いですが、実のところはっきりした証拠は見つかっていません。一方で、狩りや闘争 とうそう などの際に折れたり欠けたりした歯は発見されており、歯が傷つくことがあったことは確かなようです。

では、歯が悪くなった場合はどうしたのかというと、恐竜の歯は常に生え替わっていて、悪くなった歯の代わりにすぐに次の新しい歯が生えてきたと考えられています。ですので、恐竜は歯に関してはあまり困らなかったでしょう。

草食恐竜エドモントサウルスの下顎の化石

草食恐竜エドモントサウルスの下顎の化石。使っている歯の下に、予備の歯がたくさん準備されています(デンタルバッテリー構造)。植物を食べて歯がすり減ると、次の歯が出てきて補うような仕組みになっています

(2020/12/22更新)

福井県立恐竜博物館
所在地:
〒911-8601
福井県勝山市村岡町寺尾51-11
かつやま恐竜の森内
TEL:
0779-88-0001(代表)
 
0779-88-0892(団体受付)

©2000 - Fukui Prefectural Dinosaur Museum.