恐竜・古生物 Q&A

ステゴサウルスの背中にあるプレートはなにに使うの?

ステゴサウルスのプレート(骨板 こつばん )を調べると、血管が多く張り巡らされていたことがわかります。そのため、ここに運ばれてきた血液を冷やすことで体の熱を外に逃がし、体温を調整するのに役立っていたのではないかと考えられています。血管がたくさん通っているため、プレートの中はスカスカで、外から加わる力に対してそれほど強くありません。つまり、過去に考えられていたように、肉食恐竜の攻撃から身を守るために用いるのには向いていないようです。

また、おとなになる直前の時期に急激にプレートが大きくなった証拠も見られることから、繁殖 はんしょく 期の異性に対するアピール(ディスプレイ)にも使われていた可能性があります。

ステゴサウルス・ステノプス

ステゴサウルス・ステノプス

(2020/12/22更新)

福井県立恐竜博物館
所在地:
〒911-8601
福井県勝山市村岡町寺尾51-11
かつやま恐竜の森内
TEL:
0779-88-0001(代表)
 
0779-88-0892(団体受付)

©2000 - Fukui Prefectural Dinosaur Museum.