恐竜・古生物 Q&A

翼竜は卵を産んだの?子どもを産んだの?

翼竜は卵を産んだと考えられています。

保存状態の良い翼竜の化石の中には、体内や体のすぐそばに卵の化石が見つかっているものがあります。これまでに見つかっている化石の状態から、翼竜の卵は柔らかく、表面が皮のようだったことがわかっています。現在の鳥と比べると体に対して小さい卵を産んでいて、推定体重110〜220gのダーウィノプテルスという翼竜の卵の重さは推定6.1gですが、それに対して同じぐらいの体重の鳥はこの2倍から3倍くらいの重さの卵を産みます。また翼竜の卵は地上に産み落とされ、土中から水分を吸収したと考えられています。

2017年には中国で多数の はい (卵の中の子ども)を含む200個以上もの翼竜の卵化石が見つかり、産卵や成長のようすがより詳しく解き明かされました。

ダーウィノプテルスのメスとその卵の復元模型

ダーウィノプテルスのメスとその卵の復元模型。翼竜の卵は地上に産み落とされました

(2020/12/22更新)

福井県立恐竜博物館
所在地:
〒911-8601
福井県勝山市村岡町寺尾51-11
かつやま恐竜の森内
TEL:
0779-88-0001(代表)
 
0779-88-0892(団体受付)

©2000 - Fukui Prefectural Dinosaur Museum.