恐竜・古生物 Q&A

「琥珀」はどんなところで見つかるの?

琥珀 こはく は針葉樹やマメ科の広葉樹などの樹脂からできたものが多く、普通は木が生えていた場所の近くでたまった地層(植物の化石や炭などを含む)から見つかります。また、地層が崩れて中から出てきた琥珀が流され、たまっている土砂の中に再び埋まり、後に見つかることもあります。

琥珀

琥珀。針葉樹やマメ科の広葉樹などの樹脂からできています

(2020/12/22更新)

福井県立恐竜博物館
所在地:
〒911-8601
福井県勝山市村岡町寺尾51-11
かつやま恐竜の森内
TEL:
0779-88-0001(代表)
 
0779-88-0892(団体受付)

©2000 - Fukui Prefectural Dinosaur Museum.