恐竜図鑑

ヒプシロフォドン・フォクシイ 鳥盤目 鳥脚類

ヒプシロフォドンの全身骨格
学名
Hypsilophodon foxii
概説
ヒプシロフォドンは、草食で小型の鳥脚類です。ほかの鳥脚類にもみられる葉状の形をした歯を持っています。ヒプシロフォドンは、前上顎骨に歯があることなどから鳥脚類の中でも原始的であることが知られています。原始的鳥脚類はジュラ紀中期から白亜紀後期まで世界中広範囲にわたって生息していました。

ヒプシロフォドンの復元模型
分類
鳥脚類
時代
白亜紀前期
体長
1.2m
産地
イギリス ワイト島
ヒプシロフォドンの展示場所
恐竜の世界 > 恐竜の繁栄 > 鳥盤目
ヒプシロフォドンの産地 : イギリス ワイト島

福井県立恐竜博物館

〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11
かつやま恐竜の森内
TEL :0779-88-0001(代表)
0779-88-0892(団体受付)
FAX :0779-88-8700
info@dinosaur.pref.fukui.jp

Copyright 2000 - Fukui Prefectural Dinosaur Museum.