標本データベース

岩石の標本

  • 異地性の貝化石層
    Allochthonous fossil shell bed
    別の場所から運ばれてきた貝化石の密集層です。
  • 現地性の貝化石層
    Autochthonous fossil shell bed (Oyster bed of Crassostrea gravitesta)
    アツガキのカキ礁が生きていた状態でできた化石です。
  • 琥珀
    Baltic Amber
    琥珀の原石です。琥珀は樹脂が固化したものです。
  • リップルマーク
    Ripple mark
    水の流れで出来たあとが岩石になったもので、漣痕ともよばれます。

福井県立恐竜博物館
所在地:
〒911-8601
福井県勝山市村岡町寺尾51-11
かつやま恐竜の森内
TEL:
0779-88-0001(代表)
 
0779-88-0892(団体受付)

©2000 - Fukui Prefectural Dinosaur Museum.