福井県の恐竜発掘

第一次恐竜化石発掘調査

1989年より5年間、福井県は「福井県恐竜化石調査事業」として、恐竜化石の発掘調査を行いました。発掘現場は、福井県勝山市北谷に分布する中生代の手取層群赤岩亜層群とよばれる地層です。発掘は「層面法」という方法で行いました。この方法は、重機等を使って地層に平行な面を少しずつ露出させ、化石の有無を確認していく方法です。

重機によって取り出された岩石は、全国から集まった調査員によって、ハンマーとタガネを使った手作業で、1個ずつ化石がふくまれているか確認します。

現場で確認された化石は、博物館に運ばれ、クリーニングといわれる作業によって、岩石からていねいに取り出されます。この発掘調査により、イグアノドン類をはじめとした約300点にのぼる恐竜化石や足跡化石が発見されました。

発掘現場全景

発掘現場全景

重機を使った発掘現場

重機を使った発掘現場

1m四方のグリッドの設定作業

1m四方のグリッドの設定作業

調査員の手作業による化石の確認

調査員の手作業による化石の確認

獣脚類の末節骨

獣脚類の末節骨

イグアノドン類の歯骨

イグアノドン類の歯骨

大型獣脚類の足跡化石

大型獣脚類の足跡化石

発掘で明らかになった恐竜の足跡面

発掘で明らかになった恐竜の足跡面


福井県立恐竜博物館
所在地:
〒911-8601
福井県勝山市村岡町寺尾51-11
かつやま恐竜の森内
TEL:
0779-88-0001(代表)
 
0779-88-0892(団体受付)

©2000 - Fukui Prefectural Dinosaur Museum.