恐竜・古生物 Q&A

福井県の発掘現場からはどんな種類の恐竜が発見されているの?

名前が付いたものとしては今のところ、鳥脚類 ちょうきゃくるい フクイサウルス・テトリエンシスコシサウルス・カツヤマ(いずれもイグアノドン類)、獣脚類 じゅうきゃくるい フクイラプトル・キタダニエンシス(アロサウルス上科)とフクイベナートル・パラドクサス(小型のマニラプトル形類)、竜脚類 りゅうきゃくるい フクイティタン・ニッポネンシス(ティタノサウルス形類)の5種がいます。また名前は付いていませんが、“ダチョウ恐竜”と呼ばれるオルニトミモサウルス類や大型の獣脚類であるスピノサウルス類、ヨロイ竜のなかまのノドサウルス類、そしてフクイプテリクス・プリマという鳥が見つかっています。 今も発掘やクリーニング作業を続けているので、新しい種類の化石が将来見つかる可能性があります。

福井の恐竜たちの世界(恐竜模型制作:荒木一成)

福井の恐竜たちの世界(恐竜模型制作:荒木一成)

(2020/12/22更新)

福井県立恐竜博物館
所在地:
〒911-8601
福井県勝山市村岡町寺尾51-11
かつやま恐竜の森内
TEL:
0779-88-0001(代表)
 
0779-88-0892(団体受付)

©2000 - Fukui Prefectural Dinosaur Museum.